自分のことが「わからない・嫌い・信じられない」方専門カウンセリングありのままの自分に帰って、自分を愛し、人からも愛される方法

以前受講した講座の振り返りをしていたら、

「コンディショニング」はボディコンディショニングポールに乗って胸郭を開くことで筋肉を弛緩させて、副交感神経を優位にさせる

というメモを発見。

この講座の講師はバリバリのドクターでした。

そのドクターの一言を急いで書いたメモ。

 

夜寝る前のリラックスを引き出す行動としての紹介だったと思うのですが、

「ドクターも実感する、コンディショニング」

と勝手にキャッチコピーをつけてました(笑)

 

そんなこんなで今日は夜にオススメ、
寝る前にやると良い行動をご紹介します。

入浴

まず1つ目は入浴です。その仕組みは

  1. お湯で体が熱くなる
  2. 身体を冷やすため、血の流れが手足の末端に向かう
  3. 手足の末端から熱が逃げていく。
  4. それに伴って身体の深部体温は冷えていく。
  5. 結果寝入りやすくなる。

これをすると睡眠の質も上がるらしいので、しっかり疲労も摂れるはずです。

ちなみに寝る1〜2時間前に40〜43度の温度が良いらしいです。

ToDoリスト

2つ目は翌日のやる事をリストアップするだけです。

いわゆるToDoリストですね。

その理由は、頭の中にある「やらなきゃいけない」をそのままにしておくと自然とその事について考え込みやすくなるからだそうです。

結果ネガティブ思考にもなりやすいそうで、それは睡眠にも悪影響ですよね。

それをリストにして書いておくだけでネガティブ思考を減らせるらしいので、寝る前5分ほどでToDoリストを作る作業をしてみてはいかがでしょう?

コンディショニング

最後はもちろんコンディショニングです。

コンディショニングの中でもリセットコンディショニングが筋肉を弛緩させて筋弾力を取り戻してくれます。

特に最初に書いたドクターの紹介でもあった、ボディコンディショニングポールに乗るような背骨のコンディショニングや足の裏を押すようなコンディショニングはより副交感神経優位に働きかけると言われています。

まだコンディショニングをやった事のない方も、足裏を押したりしてみてはいかがですか?

 

今回ご紹介した3つをそのままナイトルーティーンとしてやってみると
しっかり眠りやすくなると思いますよ。

ナイトルーティーンにオススメのコンディショニング、今なら無料体験やってます。

この機会に是非お試しください。

昨日は東京でコンディショニングの最大イベント「CAMP」に参加してきました。

 

C・・・Conditioning

A・・・Assemble

M・・・Muscle

P・・・People

 

いわゆる全国からコンディショニングで筋肉を整える人たちが集まってくるイベントなんです。

イベントとはいっても楽しんだりとかではなく、きっちりお勉強に行ってきました。

 

今回は現役医師の先生2名が登壇されてコンディショニングに出来ること出来ないことと題してお話しくださいました。

このドクターのお1人が有吉与志恵に言った言葉が健康運動指導士の研修で出されていました。

写真が見つかりました。

 

他にも歩きのコンディショニング、椅子を使ったコンディショニングなども受けてきました。

現場で使えるコンディショニングって感じで勉強になりました。

 

いやー、もっと勉強したくなりました。

 

そして同期トレーナーのみんなや全国で頑張っている人たちにも会えて刺激をいただきました。

よーし、今日からまた頑張るぞー!

 

コンディショニングご興味ある方はまずご体験ください。

期間は今日から12月1日(土)、残り2名様となりました。

 

お申し込みはこちらからどうぞ。
http://conditioning-sin.com/reserved

なお、予約の枠に限りがございますのでお早めにご予約いただくことをお勧めします。

   

体験のお申し込みはこちらから

ページトップへ